栃木県那須郡那須町にある火山
日本百名山那須岳の一峰、日光国立公園となっている

なかなか山に雪が積もらず…
悶々としておりますが
山友のこだまさんと新月なので八方池で
写真を撮りに、という約束をしていた
が、お天気イマイチの北アルプスはちょっと‥
唐松岳迄行けるなら、と考えていたが
天候の悪化に場所を変更し八ヶ岳だとか、日光だとか
ちらっと那須あたりがお天気良さそうなので
そちらに変更
当日に近くなるほどお天気も良くなり。

泊りでの山旅が良かったけれど
今回は那須湯本の宿にしました
朝食を早く出していただきたいところ
朝食をお弁当にと言いたいところ
こちら山小屋でないのでできません。山小屋って本当にいろいろ有難い
ゆっくり朝食も楽しみました

釜めしがとても美味しかったです
IMG_0733

日光国立公園那須高原大丸園地
まで車で向かいます

15分ほど走ると大丸園地、車は10台ほど
ここで準備を整え、トイレを済ませます
トイレ前に登山届提出ボックスがあるので
そちらで必ず登山届を出してくださいね!

o0640048013840837866

8:45 大丸園地からスタート
ロープウェイも休業なので登山指導書・ポスト地点まで歩きます。峠の茶屋も雪が少ない!!
この駐車場の雪もそこそこにあるんですけどね

208A8891

この先に進むとポストがあるのでこちらでの
登山届も可能です
ポストを過ぎたところで階段があるのですがちょっとカチコチ、階段上のベンチでアイゼン付け、最高の青空の中歩きます

行ってきます❢❢
208A8893

どこを見てもあまり雪は少なめですが那須岳
あたりで、こんなに青空で無風なんてきっと年に数回の今日!女子二人の強さですね~~

208A8904


気持ち良すぎ~~~(*´▽`*)
208A8912

岩と雪のミックスがとてもかっこよく
写真を撮りながら前に進まず
のんびり歩き(私はこのペース

あそこ迄頑張りますよ~~
208A8917


見えた!
208A8924

いつもサクサク早く歩ける人が羨ましいと思いながらww
10:30 峰の茶屋避難小屋

こちらでストックからピッケルにチェンジ

茶臼岳もご機嫌♬
208A9037

対面の朝日岳はドンと見え青空

軽い突風が吹いたりするが、ほぼ快晴
耐風姿勢を取ることもなく快適な山歩き♬
208A8933

避難小屋を通り過ぎ一つ目の山稜を超えるが
ここも雪が少なくアイゼンで岩場を登ることになる。
しかし、ここまで雪が少ないと
とても歩きにくくて足元が不安定ww

208A8943

ちょっとした浮岩もあったり、ザレが酷くてちょっとイヤらしい…
剣が峰を過ぎると少し雪が増えトレースが見えなくて西側に進む。うぅ~ちょっと違うよね。
と左折した分岐まで戻る。
少しぐるっと見渡しトレース見つける
やっぱりん??と思ったときは戻るといいね

何度来ててもトレースなかったり消えたりするから絶対大丈夫なんてない
そして、気持ち改め稜線歩き

楽しい~~~
S__32423940


208A8945

恵比寿大黒
208A9033

恵比寿大黒を通りすぎると雪も増えて
めちゃ綺麗!!わぁお!!

208A8961

この先から、トラバースして凍った下りは
ちょい緊張したり
山頂直下の登り手前までちょっと
岩裾を歩くんですが
鎖もちゃんと用意されています。が、少し緊張する狭いルート

208A8962


208A8963

すれ違いは出来ませんね。

208A8971

細めのルート歩き切るとそこそこ雪のある稜線
朝日の肩に到着。真っ白な雪と青空が何とも
美しい
天気が良くて風もほんとに少なくてぽぉ~
208A8985

やほ~~~
S__32423942

肩から一登りで山頂
12:00 朝日岳山頂
208A9013

二人で
208A9017-2

一人で
S__32423943

時々強めの突風あるも那須岳でこの風は
吹いてないと同じ
サクッと写真撮りサクッとミルクティーも飲み

さようなら朝日岳
208A9025

お天気悪くなると良くないのでサクッと下山
下山は恵比寿先の分岐をトラバースし
避難小屋へ

208A9035

雪庇あると絶対通ってはいけないけれど
雪も少なく雪庇もなかったので、雪の無い岩場を歩くよりはこちらの方が
歩きよいと考え
少し気を使いながらのトラバース
208A9039

途中の雪や岩も楽しみながら♬

14:25 下山
こんな青空で無風なんて絶対ないよね!!!
もうウキウキで話しながら(*^-^*)
いつも通り鹿の湯で温まり♨♨

IMG_0722

こちらのお湯本当にいい!!
固まった可動域もゆるくなり
肩の痛みも和らぐんです
湯本の温泉は源泉なので是非に(*^-^*)

那須岳の一峰朝日岳ちょっと登り足りない方にはとてもおススメかと思います。
ガスってるとルートはもちろんトレースも
モノ凄い突風ですのでご注意ください(>_<)

日帰りでもしっかり楽しめるお手軽ルート



彼女との山行はこれが最後となった。
あなたはやはり変わらなかった。
なんだろ、この甘えた感じのわがまま感はw
山は共同で楽しむ、協力する。そう思うけれど
厳しい山、共同のテント泊は彼女とは出来ないなぁ。そして自分自信がどうなのか。もっと知ってもらいたい……