Yamajoのblog

やまが好きーーな日々&カメラ好きーーな日々

2018年08月

仙丈ケ岳・3033M

南アルプス北端の3000mの山、南アルプスの女王
北に屹立する甲斐駒ヶ岳に比べ、穏やかな山姿で、片や男性的とすれば
こちらは女性的な印象を受ける。女性的だからか、大変な恥ずかしがり屋で
甲州側の平地では、その姿を見ることはできない。

白馬岳への予定だったが北アルプスは風が強そうなので
お天気の南アルプスは仙丈ケ岳へ変更

こちらはテント場がバス下りてすぐなので然程担がない
とてもいいテント場だ。すぐ下に沢があって気持ちいい
山に登らない人たちも利用できる¥500と安い!

今回の同行者はこだまさん。こだまさんとは日帰りで何度かご一緒してて
まぁ気も使わない(笑)
埼玉のこだまさんを相模湖駅でピックアップし芦安駐車場へ
芦安駐車場に来るとここって沢山駐車場あるんだ💦

0174a8d9336ee781e6dcae7674a065465fa23a7113_1

第6とか第8とか言われてぐるっと回ってみるもちょっと解らなくって
一周して又戻って来てしまうと言うアホ二人Σ(=゚ω゚=;)
もう一度駐車場のおじさんに確認、、再度第8駐車場へ、、、
しかし日曜だよ。もう下山チームが居てもいい時間。。。なのにどんだけ!!
ってすごい車の数。。。

流石、南アルプス仙丈ケ岳&甲斐駒ヶ岳w(゚o゚)w オオー!
奥の奥の第8駐車場へ、、9人乗りの相乗りタクシーも待っててくれた💛
こんなところにクライミング・ホールドあるんや。誰がするんだ??(笑)

012836044ea4b746db6026775f1d90b25942e0c119


サクッと荷物を準備します。まぁ、こだまさんテント無してでかいザックww

01b96b453c876d320984306876a3f471774b4ccff8_1

何が入ってるんですか??
バスに乗り込み30分ほど走るのですが途中、展望がいいと言う場所で
写真撮影(゚ロ゚;)エェッ!? 緩すぎる…
北岳どーんと見えました。
広河原へ着くと乗り換えなんですが、、次は12:30ww
仕方ないので二階へ上がり暫し休憩…
日曜から月曜なら少ないかと思ったが夏は毎日満員だとか。すごいねーー

バスに乗り込み北沢峠到着~~今日はまったり明日仙丈ケ岳(☆゚∀゚)
こもれび山荘でラーメン

IMG_4808

沢山の人たちでにぎわってますね。
テント場も少し空いたかなぁ~って思うも結構いっぱい。
ながら結構沢のすぐ近くゲット、ビールも冷やせるぜ~~

01ba4975c0667575f2c622173fc84dd78c33fc1b4f

テント張って暑いね~~の乾杯🍺
IMG_4817

IMG_4819

また冷え冷えトマトです!これホンマ最高においしい(#^.^#)
沢で遊んだり、写真撮ったりと。
夕食もそれぞれ持ち寄ったものを作る。お肉焼いてアヒージョは美味しかったなぁ。

IMG_4824

IMG_4820


明日早いのでしっかり寝ておかないとね。
夜も暗くなり三脚立てて星撮りの練習してみるけど全然ダメ…
ピントも合わないし設定が悪いのか調べようにも圏外、、
諦めて休みます。

IMG_4859

5:30 テント場を登りきると登山口、そこから仙丈ケ岳へ
IMG_4864

お天気最高です。青空の中の樹林帯が気持ちい!
流石人気の山とあって平日でも登山者は多い、、
三合目過ぎるとしっかり北岳が顔を出しました。カッコいい(*゚∀゚)っ
写真に夢中で進みませんww
IMG_4876

北岳を楽しんだ後は胸を突くような登りが顔を出します。
IMG_4880

IMG_4889

ゆっくりゼゼいいながら登り
六合目~~~青空(*^▽^*)

IMG_4891


おねいさんも山歩きに興奮しております。

IMG_4895


Tシャツが大人気(笑)
8:00 小仙丈ヶ岳 最近に無い程の青空に北岳から農鳥岳~塩見岳
赤岳もクッキリ!!

IMG_4900

IMG_4911_1


そして今年はどうしても出会えなかった雷鳥さんにも会えるという
サプライズw(゚o゚)w オオー!

IMG_4927_1

IMG_4942


この先の稜線を歩けば山頂なう!
この天気だけにめちゃくちゃ楽しい!!

IMG_4921

振り向くと甲斐駒ヶ岳!どーんノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

9:00 仙丈ケ岳山頂

IMG_4948

やっほーーーー

01dd0cd821006dc09920b8096b616c4ebf259eb5b8


見えます~~甲斐駒ヶ岳がカッコいいし!
富士山を隣に北岳・間ノ岳と1・2・3ですオオーw(*゚o゚*)w

IMG_4962_1

IMG_4915

見とれてしまう事一時間弱💦
ふと気付くとそんなに山頂に居ました。今日はテントを撤収して
13:30分のバスに乗らなくっちゃ、、
とさっさと下山します。
バッチを買いに仙丈小屋へ寄り道、、
こちらも素敵な小屋です。夏シーズンは毎日満員との事。素晴らしい(#^.^#)

IMG_4986

IMG_4994


ささ、北沢峠ほう面へ下りていくのですが途中で、彼女馬の背ヒュッテを通って
帰ろうと言いますので少し戻りまして馬の背ヒュッテへ、、、

IMG_5012

IMG_5015

ここも素敵や小屋ですね~~
水も豊富で南アルプス天然水は最高でした。

IMG_5043

IMG_5056

ここを過ぎまして沢をずっと下りていくのですがどうも次の小屋がないなぁ。と
ちょっと方面を過ぎまして…よく通り過ぎてしまう分岐らしい。
あぁ。バスに間に合わないではないですか(゚ロ゚;)エェッ!?
もう、ここで私はサクッと諦めました。(笑)
せっかくなので楽しみましょうよ、、

大平山荘回りは結構い距離あるんですよねww

IMG_5062

小屋番さん優しく丁寧に教えてくれました。
めちゃんこ走ると間に合いそうなんですがテント撤収があるので
無理だなぁ。と少し急ぎ足でテント場へ向かいます。
13:00 下山
こだまん走ってテント片付けに行ったんですが私全く諦めてるのでもう歩いてる。。
すいません(笑)
テント撤収すると13時27分でした。バスに手を振って~~~
後から聞いたらめちゃ手を振ったら停まってくれたらしいww
16:30 までバスを待つことにして、、カップラーメンでお腹を満たしまったり(*´ω`*)
バスに乗り込み無事広河原へ着くも芦安まで大きなバス3台出てる💦
最終でも凄い人、人、
帰りもちょっと遅くなってしまった。。。
今回はやはり予定通りのルートもしくはちゃんと相談しておかないと
良くないことになるって事を勉強しました。。。
ちょっと間違えたで済まないことが恐ろしいなぁと。

北沢峠のテント場凄くいい場所でした。

IMG_4831

テントを楽しむだけでも最高の場所・低価格(*゚∀゚)っ
とてもおススメです。
今回はまったりでしたが次は仙丈ケ岳&甲斐駒ヶ岳と楽しみたいなッ♪









唐松岳・2.696M

飛騨山脈の後立山連峰にある山
長野県と富山県の県境に位置する。

久しぶりの唐松岳だ。山を始めて2座目がこの山
初北アルプス・初ソロテントもここだ。
いろんな思い出がここにある…
今回はTwitterでお友達になったちゃこちゃん。
数回山行を共にし初のお泊り登山~
2時我が家から安曇野へ向けて出発
八方第三駐車場まで5時間ほど。SAで休憩しながら
明日の山を楽しみに話も沢山♬
6時半過ぎ駐車場へ到着!
ゴンドラは7時発なので準備を済ませチケット購入
ゴンドラとリフトを二つ
乗り継ぎ八方駅へ~~~平日でも登山客は沢山です。
しっかり行列ww
8時10分 八方山荘到着、ここから4時間ほどのCTで
ぼちぼち歩きます。
唐松岳は樹林帯を歩く距離が多くてあまり稜線歩きって無かったような…
頂上山荘小屋近くなるとぐっと展望が開けるイメージが
八方池までは沢山の観光客で賑わってます。
軽いハイキング♪
IMG_4332

今日はお天気も曇り予報だっただけにずっとガスってます
八方池上にあるケルン到着、彼女はどうしても八方池のリフレクションを撮りたいと話してましたがww

IMG_4339

ガスで池も見えませんのでサクッと通り過ぎます(ノд・。) グスン

IMG_4338_6

10:40 扇雪渓
結構な暑さにちょっとバテ気味なので少し涼む事に
トマトを冷たくして持ってきました~~

IMG_4385
とても喜んでもらえてよかった。
夏は塩トマトかキュウリもろみだね。
塩分も取れて最高~
IMG_4386

少し休みぼちぼち、、写真を撮りながら真っ白な景色を見ながらww

IMG_4363

チングルマの穂も可愛い。

IMG_4402

IMG_4399

11:20 丸山ケルン ココを過ぎたらすぐです。
巻道は崩れたとかで
通れなくて、、ちょっとガレた山道を歩く。
これが結構楽しい(≧◇≦)
12:30 唐松岳頂上山荘到着~~
少しお腹も空いたのでラーメンを半分ずつにしてゆで卵と
冷たいスープも最高♬
01cacdbd4f67b49e6f0408151a4af7acb89cbc4a2f


0197962a6db5778153c1e1cfbc74e8688acd16c4af

今回は小屋泊なので受付をと、、13時からって~
ラーメンを食べて受付済ませ新館?の方へ。。
本館だと¥800だとか。。
やっぱ重たい思いしてもテントだね。
しっかり体力付なきゃ。。。

新しい感じの寝床はとても奇麗
これで4名だったらラッキー
初めての小屋泊は唐松岳だった。
満員の…あれほど最悪の小屋泊は無い

少し落ち着くと山頂もガスがキレそう!!!
カメラもって山頂行くよーーーー(☆゚∀゚)

IMG_4452

IMG_4450

IMG_4477

IMG_4461

小屋からは15分程で山頂!!
でも、ツアー客に乗っ取られるという('A`|||)
マナーの悪いツアー客が最近目立つ!
ゴミを捨てるのっても燃やせないものはヘリだよ!!
いくら掛かってると思ってんだよ!!
煙草とかありえない。
さっさと撮りたい写真を撮るとあまりにうるさい山頂テロリストが居るので小屋へ帰る。
隣の寝床はツアー軍団。最悪だ。

気分を直し、夕食まで乾杯タイム♪
山で頂くビールはもう本当に最高なんですよ。
めちゃんこおいしーーー💛

015ae9f094c5663b5347a3db39ab7df6449787a2cb

小屋前の展望を楽しみ部屋でまったり夕食待ち。。
楽しみの夕食も実にがっかり…
カレーだったんですが、美味しくなくてレトルト?
ってなくらいのカレー
小さな缶詰のフルーツがちょっと。
スープも温くてお漬物?だけ。
¥10800払ってこれはない。
ガッカリしたけど。友達は小屋泊ばっかだけどここの食事が一番良くないなぁ。ってさ。
部屋へ戻って先ほどのテロリストが来る前に山頂へ!!
結構ガスも抜けそうだ!良い写真撮れるかな!!
ここから19時くらいまで山頂をめちゃくちゃ
楽しんだよ('▽'*)ニパッ♪
雲がドドド―っと押し寄せたりさっとぬけたら
太陽が顔を出したり
ちらちら見せる太陽と雲のコラボにうっとり。
テロリストも来ないし独り占めな感じで最高~~~
私も随分マシな写真を撮るようになったと自分で関心(笑)

IMG_4488

IMG_4461

IMG_4493

IMG_4529

IMG_4528_1

IMG_4552

IMG_4539

ささ、明日も早く起きて写真撮るよ♬
ご来光は小屋の後ろからちょっと高めのところで
拝みました。
奇麗なオレンジ色が唐松岳を染めて…
これって本当に下界では見られない。
頑張った人にしか見る事の
出来ない空。
何もかも全部忘れられる。それが私の山‥

IMG_4569

IMG_4683

IMG_4694

さ、朝食は!!

01c9c68421649ec311e5d5dc981ee9e715f7f5039d

定番の朝食ですが,
昨夜より全然美味しくいただきました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
もう山を堪能したので次は下山後の楽しみに切り替え(笑)
温泉とご飯です~~
今日は大阪の友達が唐松~五竜縦走するんだって!
八方辺りで会いたい!
とLINEがきた。早く下山しなきゃ💛
そして、、う??こっちを見てニマニマお兄さん?
知らないなぁ。ってワッキーさんの奥さんは?
私です。フォロワーのakimoです。
あ、akimoさん!!なかなかイケメン(*''▽'')
山岳パトロールだってさ!
整備とかいろいろするって!宜しくお願いしますね。
と相方に会いたかったらしい(笑)
握手済ませ下山します。
今度は昨日見れなかった八方池とお友達に会う事

昨日はガスで景色もあまり。。でしたが今日は快晴!
青空の下ルンルンで歩きます。顔もニヤニヤ( ̄ー ̄)ニヤリッ
お天気が最高です。

IMG_4753

IMG_4740

IMG_4762

8:30 八方池~

IMG_4781

IMG_4784

お友達はどうしてもリフレクション撮りたいって下へ降りてった。
私はお友達とすれ違うかもなので周辺を撮影し
先へ進みます、
それでもなかなかすれ違わなくてリフトまで来た!!
え~~なんで💦
ググっと上を通ったのか…なしてや…
人の多さに辛い急登を選んだらしい。残念。
会いたかった。。。
次回こそ!
とリフト~ゴンドラ~で10:00到着!
ささ、温泉ですよ!!いつもすぐそこの八方の湯に
入るんですがちょっと変えてみよう。って検索すると
なかなかいい湯との温泉発見(゚∀゚)アヒャヒャ
みみずくの湯~

016f792e9ddc6add4e162221a44e2a0a5b11c8ce0b
Twitterしたら結構利用される方多い様子。
良そうどうり温湯のつるんとした気持ちい温泉でした
(≧◇≦)次ーご飯、、松本まではちょっと遠いので
エスカルプラザの手打ちそばにしようかな。
って新そばも天ぷらも美味しく頂きました~~
IMG_2596

013ac958b344d7f1d0faf777d7ba64d9f4aadc8ee6


唐松岳、ホント思い入れのあるお山。。。
山始めて2座目・初の北アルプス・テント
初の小屋泊(満員最悪)といろいろな
思い入れがあります。
来年はテント持って五竜まで縦走したい!!
残雪期の唐松岳から天の川とか撮りたい!
そして自分の写真が少し成長したかな。って思ったり。
この夏最高の山旅をありがとう (´▽`)





御嶽山・3.067M 摩利支天山 2.094M

御嶽山、長野県木曽郡木曽町・王滝村と岐阜県下呂市・高山市にまたがり
東日本火山帯の西端に位置する独立峰、2014年9月7年ぶりに噴火58名死亡
未だ5名が行方不明

山頂への入山規制はあるものの
飛騨頂上辺りまで上がれる
北アルプスは劔岳への予定にしていたが天候が悪く、比較的お天気だったこちらを選んだ。

今回は相方の知人が山の日にオープンする
二ノ池ヒュッテのお手伝いもあるとかで
好意で自炊ならと二ノ池ヒュッテ泊となった
今回は山頂から一番近い小屋って事や、
新しい女性のオーナーになった事
秋には山頂小屋もオープンして
入山規制が解除になる。
それらと山の日ってのが重なり
数社の取材が入る。
あれから4年少しずつ山を楽しむ人たちが入山してくれることを山もきっと喜んで迎えてくれるだろう。

神奈川から木曽町まで5時間弱
2時30分自宅を出まして6時30分ごろ御嶽山ロープウェイ乗り場到着

IMG_3888

ロープウェイに乗りますが7時30分が一番だそうで、少し待ちます。IMG_3897

小屋のお手伝い&歩荷をされている相方のお友達と合流西脇さん♬
宜しくお願いいたします。しかし、涼しいのですが、湿度高くて暑い。
7:30 ロープウェイに乗りまして飯森高原駅へ
こちらから登山口へはいります。歩きやすく整備された道を
進むと行者小屋・行場山荘、ちから餅とか書いてありました。

IMG_3903

美味しいのかな??
湿度が高いのと小屋泊なのに荷物が重い。なぜだ。
水が少ない小屋なので水は持参です。これが飲み物と(酒)
と飲料水と調理用水とで5キロ近い‥
暑さと最近の調子良くない感じで足も前に出ません。
ダラダラ汗をかくのが又キツイ、、、
少し歩き休憩も撮りながら
9:08 黒沢八合目・女人堂

IMG_3907

IMG_3916


IMG_3915


こちらは石堂が沢山ありました、後ろの山を越えて
まだ先があります。ここから結構ずっと登りらしい。頑張るか💦
ゆっくりですが前に進みます。
ロープで立ち入り禁止区域もあり
噴火の熱風で鉄もぐにゃっと曲がってる
まだ傷跡がちらほら…

IMG_4152

オンタデの群落と地図にはありましたがここらはあまり咲いてない様子。
石室山荘まで結構な急登心臓破りって言ってたΣ(´д`;)
石室山荘で少し休憩
ここからがっつり岩場です。

IMG_3931

ヘルメット持ってきてましたが穏やかそうなので使用せず。
40分ほど歩くと今は廃屋となった登山指導所避難小屋がみえます。
11:20 覚明堂 ここも黒くなってるんですが、、噴火の影響で
黒くなったのだろうと小屋手伝いさん

IMG_3928_2

もうちょっと登らなきゃ、、、
IMG_3937

覚明堂を過ぎぐっと登り下ると二ノ池
かつてはエメラルドグリーンだった二ノ池も
噴火の灰で白く、雨が降らなくて小さくなってます。こちら側には
然程影響は無いにしろ灰を相当被ったのでしょう。

IMG_4132


IMG_3947

ガスったり晴れたりの繰り返しで二の池から山頂がちらっと見えたり。
二ノ池本館も建築中でした。もうすぐ復活、楽しみです!
12:10 旧二の池新館(二の池ヒュッテ)に到着
明日山の日って事で新聞・雑誌・TVの撮影と重なるとの話でしたが
沢山の関係者・本館の現場の方たちで賑わってました。
おかみさんの好意で素泊まりさせて頂け感謝です。
山頂への入山は許可されていませんので摩利支天山まで登る事に
ガスが出ればちょっと小雨?また晴れての繰り返し
白滝協会避難小屋を過ぎると三の池が~~

IMG_3954

ここからの展望もまた最高です!青い池がとても奇麗

IMG_3981


IMG_3983

池をと展望を堪能して30分軽い岩岩を登ると摩利支天山
13:30 摩利支天山 ちょっとガスで真っ白~

IMG_3968

でも気持ちいいです(´▽`)
IMG_3964

御嶽山、来てよかった!きっとお山はみんなが入山してくるの
すごく喜んでいると思う!
お腹も空き~冷たいビールも待っている!
さっさとヒュッテへ♬
14:00 明日のオープンを控えた二の池ヒュッテへ到着
な、な、なんとお久しぶりの方がお手伝いに来ていた。
甲武信を最後に会いたかったのですが叶わず。
ここで会えた~~~
ごっちゃん♡嬉しかった(ノ◇≦。) ビェーン!!
今度はいつ何処の小屋で会えるのだろうかね。
入口を入ったところに自炊場がありそこを借りて
お疲れ様タイム~~
01721a018798fd874ee755d70f625f6f60115b9def_00001

暑い夏の冷たいビールとトマトは最高に美味しい('▽'*)ニパッ♪
ちょいと休憩したら夕食です。
私たちは自炊なのですが、今夜は皆さんカレーを召し上がってます
ははぁん。持ってきたお肉も喜んでもらえて簡単ポトフも
しっかり無くなったので嬉しいな。
01d4d9d2d1223377639f739064ae83de13f80e390e_00001

コーヒーも頂いて(#^.^#)
IMG_4045

IMG_4054
新しい木の香りが暖かい。。
あまり天気も良くないみたい。
早寝早起き早立ちしますよ!
みんな色んな時間があって良いね。
昨夜は本当良く降りましたww
結構な大雨で、、、朝が心配でしたが
朝食もそれぞれ適当に食べて。起きてすぐ食べられない、、
IMG_4067

周りを見るもガスガスガス…
太陽がちらっと見えたり隠れたり。
太陽が出ないかなぁ。と待ちますが、、
なかなか出ません…

ちょっと奇麗だね。
IMG_4079

仕方ないのでサクッと下山しますか(。・ω・)ノ゙
わきさん・おかみさんお世話になりました

IMG_4062

今夜の番組で放送とか!!映ってるかも!めちゃ撮影されたし(笑)
下山ちらちら雨模様でしたがその後降る事も無く
青空も~~~
IMG_4099
水の少ない御嶽山、昨夜の雨で少し増えました
晴れてくると気持ちいい~~
IMG_4107

さすが3000M級ですね!
久しぶりの雲海にうっとり。。
これだから登れるんですよオオーw(*゚o゚*)w
IMG_4106-3

IMG_3987


下っていると沢山の人たちが登ってきます。
沢山の被害者が出て、胸の詰まる思いの噴火
そして復活。山もきっと喜んで迎えてくれてます。
しっかり安全祈願も。追悼も。

IMG_4162

噴火で命が助かった方の言葉。
周りの人がどんどん息絶えていく、自分は日帰りだったけど
腕も片方無くして・そばにいた人になんとかダウンと簡易テント
を出してもらい、腕を止血してもらえた。
腕を失くしてしまった…
それを覆いかぶさって一夜を過ごして助かった。
そのお手伝いをしてくれた方々も次々に、、
3000Mの寒さに耐え切れず…
日帰りでも2500M超えるなら
せめて防寒と簡易テントかツエルトは、、
装備は重くても命があるから登れるんだよね!
と、今回の山で私たちは自分たちの山を考えました。
しっかり安全にいっぱい楽しもう(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
行場山荘の力餅はそうとう気になりましたが次回
8:32 飯森高原駅到着

さて、温泉♬ちょっと車で走るとせせらぎの四季

019fe8a4319e8a7c4aced46cd0d06b910412d531bb_00001

発見!こちらで汗も流しまして(#^.^#)
途中道の駅に寄りましてご飯♬

0148a2a49552eded735c7d7bae3a55b265cb1e8be9_00001

温泉でさっぱりして・美味しくて今回も素敵な山行有難う!!
本当に沢山考えさせてもらえた御嶽山秋には山頂も入山可能
次回は山頂へ、、








磐梯山・1.816M

磐梯山は福島県耶麻郡猪苗代町磐梯町北塩原村にまたがる山である
会津盆地側からは奇麗な三角の頂が見えることから会津富士とも呼ばれている。
1888年に噴火

東北も最後になりました。昨日はゆっくり休み
移動し磐梯山・八方台登山口へ、、
平日でも結構車が停まってます。
今夜はこちらの駐車場に泊まります~
4:51 八方台登山口

IMG_3851

ちょっと曇り空、登山口からすぐブナ林
IMG_3882


30分ほどで中ノ湯温泉跡へ、まだ硫黄の香りが
プンプンです。どこからか温泉が出てるんでしょうね。

IMG_3853

温泉を登ると裏磐梯スキー場分岐から
火口がちらっと。やっと少し開けたかな
っとお花畑とへの分岐
IMG_3861

お花畑は下山にと右へ進みます♪
06:30 弘法清水小屋
まだ早くて小屋も開いていません。
バッチが欲しいんです。
帰りに、、
ちょっと風も強くなって寒いくらいです。
少し汗をかいたら冷えてしまった…
もう30分程です。
清水小屋からは一気に登ります。
大きなガレ場を登りきると到着
07:04磐梯山山頂

IMG_3868

ずっとブナ林&ダケカンバ、
、秋には素晴らしい紅葉が
見られると思います。が夏はちょっとかなぁ。
好みがあるかな。
あまりに真っ白なのと寒くて、、、
さっさと下山~~~
弘法清水小屋まで下りるとちょうど小屋番さん♬

IMG_3873

良かった(☆゚∀゚)バッチ
小屋と言っても販売のみです。泊まる事は出来ませんしトイレもありません。
レティットを準備してくださいね。
と暫し小屋の様子を見せてもらう。
とても手作り感が素敵な小屋でした~

IMG_3871

IMG_3872

IMG_3874

まだ準備前でなめこ汁美味しそうでしたが次回チャンスがあれば!
で、、おススメのお花畑から下山♬
もう花も終わりでしたがちらほらお花も楽しめて、ぐーんとあちら側も磐梯山だとか。
IMG_3875

IMG_3880

やっと少し青空💧
同じルートを下り
9:18 八方台へ
手軽に登れる山です。
学生が沢山登ってきてました。
家族でのハイキングにピッタリ!!
そして紅葉は素晴らしいだろうなぁ。
少し広めの駐車場ではありますが
やはり満車
平日でもしっかり登山者が集まるお山ですね。

東北もまだまだ沢山の良い山がある!





鳥海山・2.236M

鳥海山は山形県と秋田県の県境、日本海に面する
またの名を出羽富士とも呼ばれ山麓周辺の人々の守り神として
古くから崇められてきた。山頂は新山・信仰の山として知られる。

昨年10月初旬ではあったものの雪が降り始め
装備も軽装だったため敗退した。
リベンジだ。
今年は夏(´∀`*)
とは言ってももう花も終盤ですが
結構なお花畑と聞いてワクワクしております。
象潟登山口は駐車場も広く稲倉山荘もありとても便利♪
端っこにトレーラーも停めて出発~
5:30 鉾立

IMG_3655

曇り、時々青空を見せるもうぅ~~~
IMG_3660

東北遠征3日目、昨日より体調はいいかな。
奇麗に整備された石畳を歩きます。
向こう側の山はなんでしょう?笠雲になってる!

IMG_3668

雨降らなきゃいいけどなぁ。との思いで少しずつ進む。
昨年は寒いからか本当に登山者は居なかったが今日はチラホラ
少し登ると展望も良くなって日本海もどーんと見えたり♬
お花もちらっと見えたり♪
河原近くなるとチングルマの群生('▽'*)ニパッ♪

IMG_3697

ハクサンイチゲの次に好きな花💛
賽の河原までまだちょっとあるな。そこで休憩したい。
一時間ほど歩くと賽の河原到着

IMG_3701

少し曇っていてもムシムシ暑い、水分しっかり補給
IMG_3766

しかし曇ったり晴れたり。お願い、ずっと青空でいて!
この先の小さめのピークを越えるとも一つピーク
一先ず鳥海湖を眺めて休憩~
昨年は御浜小屋トイレ修繕してたなぁ。
IMG_3721

まだまだ先です。ちょっと青空いぇい(*゚▽゚*)
八丁坂がまぁまぁしんどかった。
七五三掛過ぎると千蛇谷分岐を下ります。
IMG_3771

この分岐を下ると雪渓ww

IMG_3781

嫌らしいかと思ったけど全然~
むしろ涼しくて快適♬ずっと居たいくらいww
とにかく東北も暑かった。。
ここらでまだ半分も進んでない。結構長い~
この雪渓を過ぎ登り返すと下る、、、
この下りがザレてて結構急な下りΣ( ̄ロ ̄lll)
滑るww
ググっと下ると頂上へ、、の標識が出てきた。

IMG_3793

ここを登りきると御室(山頂)ね。
どんどんガスが出てきてきっと新山山頂は真っ白だわ。
9:30 御室小屋

IMG_3814

真っ白ですが、、山頂向かいます。
あ、、白い小さなお花~
チョウカイフスマですね!
先ほどチョウカイアザミも咲いてた(・∀・)

IMG_3821

ここからは岩場です、、結構ガシガシ登ります。
御室から山頂までは15分程度
しっかり岩場を楽しんで!
IMG_3810

IMG_3802

10:28 新山山頂 
IMG_3809

真っ白です。何も見えない~
予定では日本海まですっきり見えるはずだったんですが…
ま、仕方ない。ガスで寒くて急いで御室へ向かいます。
行動食(パン)を食べるとやっぱり寒くてサクッと下山開始
結局青空見られずぼちぼち歩きます。ちらっと花を見たり♬
少し青空が見えると写真も撮って♬
とにかく雨に降られなくて良かった!
小屋も沢山あって一泊二日の登山者も多い。
御浜小屋到着
暫し休憩~
ハクサンシャジンがとても素敵~
IMG_3710


白いお花もハクサンシャジンかしらね。

IMG_3848

小屋からは整備された石畳なんですがこれが膝にくる。。
お花畑を楽しみながら
14:11下山( -д-)ノ 
鳥海山、2度目ですが前回のお天気もイマイチでした。
が、鉾立展望台への道の紅葉は驚くほど真っ赤で
また、草紅葉が素晴らしかった。
そして今回のお花畑!
山を楽しみながら花を楽しみしっかり登れて岩も楽しめる!
これほど盛りだくさんの山もなかなか無いと思う。
今度は晴れてほしい、、

道の駅鳥海ふらっとへ戻りちょいとお願いしまして
トレーラーを停めさせてもらう。
鳥海温泉ふらっとで汗を流し道の駅で食事~
IMG_2481
カキフライが人気らしいよ。

IMG_2482
アジフライ♬ボリューム良くて安い♬
こちらの定食はホント低価格で美味しい!
隣のパン屋さんはモンベル会員だと少しサービス?割引ありますよ。
明日はお天気下り坂、少しゆっくりします。









ギャラリー
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M