Yamajoのblog

やまが好きーーな日々&カメラ好きーーな日々

2018年06月

平ヶ岳 2.141M

新潟県魚沼市と群馬県みなかみ町境界にある山
新潟県側の山域は越後三山
只見国定公園に属する

前日まで悩みました。色々調べてみると、、
日帰り最難関
日帰り百名山では1番のロングコース
CT11時間ww
でも、こんなチャンスもないだろうと思い登ることにした。
大抵のロングコースの山には小屋があり
テントが張れる
こちらトイレなし、水場あるも水はとれない、絶対日帰り
とにかく1日で終わるか、戻るか、ビバークか、

今回は同じ山岳会のお友達と相方4人パーティ
神奈川23時頃出発
新潟県側、鷹ノ巣登山口を目指します
とにかくロングなので1分でも
早くスタートしたい
駐車場争いもあり、20台程度です
一人ピックアップしたら0時前に平塚を出る
4時間ほど走ると新潟県は小出ICから只見シルバーラインで銀山平
ほとんどトンネルwwしかも長い
古くてずっと山の中…
まさに秘境と感じさせる
シルバーラインからは本当の山の中
携帯もずっと圏外
1時間ちょっと走ると鷹ノ巣登山口
何もない、お店も自動販売機もない雰囲気
登山口、地図の側にちらっと一台分ぐらい空きがあった
峠の途中と登山口にバイオトイレが数カ所ある
ここが最後のトイレ・山頂にも無いので携帯トイレが必要

CT登り6:30 下り4:50 11:20分
12時間で終わらせたいところ
地図では序盤急登、中盤なだらか
終盤急登とある
下台倉山までと下台倉山からが
核心部かと思われる。
5時 こちらより登り始める
IMG_2206
30分ほどしっとりとした樹林帯を歩き始めると
標識が、、はい、10.5㎞
ゆっくりと登りが始まったかなーと思ったのは
束の間…しっかり急登が始まります
樹林帯は木の根っこを踏みながら少し
崩れた登山道を結構な標高を上げていきます
これ2時間程度続く予定
スタートから50分バーーン
きゃーーーでした。
いきなりこんな開けるなんて

IMG_2162

一番私が歩くの遅いから写真を撮るのも
気が引けるが、、
これは写真ではお伝え出来ないかも知れないが信じられないくらい
開けたんです!そして素晴らしい山々に燧ケ岳がどかん!

IMG_2171

後一時間ちょっとを忘れさせてくれる絶景でした~
登り下りとここからが核心
ヤセ尾根にザレているので滑る、石車に乗らないよう(^^♪
ザレ岩をグングン登るロープが装備されている
アンカーがあまい箇所もあるので注意

IMG_2180

これはまだなだらか、、
もっと急な登りが待っています
IMG_2196

下台倉山まで来ました。少し休憩~
まだ距離が…
これを見て落ちてはいられません
クルっと見渡すとやまやま~~気分爽快
IMG_2189

素敵すぎる景色です。来る途中から樹林帯まで
こんな絶景は想像していませんでした。
さ、、次、次進むよ!
IMG_2181

あの細い尾根登っていくよ~
ぜぇはぁぜぇはぁ💦
IMG_2195

ここは7割がたが開けているので少し風が吹くと気持ちいいが
とにかく暑い
今時期がベストだ、紅葉は素晴らしいだろう。上から見下ろす紅葉だ
なかなか無いぞ、そんな紅葉を見せてくれる山も、、
6月か、9月、もしもう一度登りたいと思ったらその時は秋(#^.^#)
長い登りもそろそろ終わりかな?っと

IMG_2215

8:50 台倉山再度足を休める。
思うにここまでで体力を使うのはダメだな。
少しゆっくりでも体力温存に
努める事を優先する
ここからは少し歩きやすい山道に
お花を撮影する余裕も
IMG_2221

ウラジロヨウラク🌸
さて、もう少しで水場があるのでそこまで頑張って
少し何か食べよう♬
9:50分 白沢清水
IMG_2224

ってもこの距離を見るとゲッソリ…
さっきより進んでるww
と心に応援がハシル…
今日は行動食のみ、飯テロなんて…
目標は11時山頂
IMG_2232

なんだろ。ギンリョウソウやリンドウもあったのに撮影出来なかったことが悔やまれる…
この暑さに汗も半端ないが歩かないと
前へ進まない。
が、進むたびに驚きだ。

IMG_2236

池ノ岳が見えた!このグーンと奥に平ヶ岳
遠い…あの上が天空、、、
IMG_2240

超えて、超えて、、

見えたーーーー
IMG_2246

ホントに平ですね。
CTが少し遅れているのでしっかり歩きます。
暑くて進んでる気がしない‥
越後の山々を見下ろしながら
スタートからは想像できない景色をずっと
見ています。
終盤の核心、急登へ入ります。
ホントに急だ…
調べていた時にこれを超えると天空の世界だと書いてあった。
それだけを楽しみに…あまりの急登に動きがかなりスローモーション( ;´Д`)
でも景色は最高!
っと、前から歩いてくる2名!
やっと会えました♡
フォロワーさんのモスちん夫婦♬
握手でご挨拶♬会えてうれしかった
IMG_2254

木道に入るとどきどきです。。
もうすぐよ‼️
来ましたよ‼️
池ノ岳とーーちゃく╰(*´︶`*)╯♡
IMG_2259

すばらし~~~
天空の台地
姫池がめっちゃキレイ~~~
IMG_2256

みんなお昼寝タイム~
IMG_2288

素敵すぎたけどもうひと踏ん張りです。
奇麗な湿地と自然を楽しんだ後は
山頂を目指します。
11:50分 平ヶ岳山頂
ここは一番高いところではない様子です
ちょっとタイムオーバーですが無事山頂を踏めた事にもう感動

IMG_2291

一番高いところに移動すると。

IMG_2277

どーーーん!
IMG_2304

越後三山がすっきり見える!
中ノ岳?
しかしここ一帯が素晴らしい!
7時間掛かってしまいましたが←あ、昼寝してた
ご褒美を頂きました。そしてこのお天気!
こんな日は早々無いよね。
本当に来てよかった
ゆっくりしていたいところなんですが
下山が最も難関…
お昼を軽く済ませるとさっさと下山しないと…
13:00 下山開始です。
姫池もチラ見です。ここからは急げないので集中です
結構な急登だったので下山が流石に怖い。
5時間掛かるかなぁ。と少し会話をしながらちらっと景色も
楽しみながらの下山です。。
みんな特殊な山だったけど
本当に最高だったね!
次はちょっと無いかもしれない(笑)
なんてでもね、誰かが行こう!って言うか
よほどのもの好きでないと来ないかも・・
と、核心の下りも何とか過ぎ、
足や膝の事も考えながら
ちょいちょい休憩しながらです。
膝は消耗品だと相方は言う。だからゆっくりでいいから膝を大切に
しないと二度と登れなくなるよ。といつも話す。だから私も
膝を大切にしながら歩く。

燧ケ岳も見納めです。
IMG_2313

さすがに長時間の行動にみんな疲労感。。
山の話やお仕事の話をしながら
気を紛らわし歩く。
一番いやなのはやはり台倉山あたりから
暗くなる事
あの下りをヘッデンで歩くのは
最悪の事態を招く危険がある
だから出来れば18時くらいには
下山しないとダメ
ヤセ尾根から下り最後の踏ん張り前に立ち休憩~~

IMG_2314

ここからちょっと怖いww
慎重に下り、下り、下る。
脚の疲労も結構な感じ、平ヶ岳が大変とか難関だとか
やはりこの日帰りを強いられるところにある‥
しっかり飲み物を持ち、行動食もしっかり目
周りの登山者は割と軽い感じのスタイルだった。
最も軽量に努めなければキツイね。
樹林帯に入り登山口も見えホッとする、、
ここずっと圏外だったんですよね!
18:00 登山口着

IMG_2319

もう車も3台程度でした~
絶対明るいうちに下山してくださいね。
登り終えて、、
昨年の幌尻岳を思い出します
最後の秘境と言われる山、、あそこは途中で敗退しそうでした
もういいや、
もう一生登れなくてもいいや。
と思ったんです…
が、あそこは小屋があるから数日掛けられる…
下山後は二度と登りたくないなぁと思っていた
北海度へ行くとするなら今度は渡渉コースにチャレンジしたいと思えるようになった。
本当の良さなんて何度登ってもきっと解らない
けど、そこには十二分に頑張った
何らかのご褒美がある
平ヶ岳も同じだ…
今はちょっと次って考えられないが、、
CT13時間だった平ヶ岳、悠長にゴロンゴロンしてしまった、、、

途中、ほんとにキツくて騙された~~~
も~~いら~んなんて言ってたけど。
歩くキツさより素晴らしい景色をくれた山に本当に感謝です!!

下山後は近くの小屋でバッチを購入
まぁ、しっかり汗かいたので近くの温泉、、
遅くてもう入れなかった。
で、ゆ~パーク薬師で汗流し。。
一名は明日仕事だっていうので急いで帰路へ
赤城高原SAで食事を済ますがもう24時間くらい行動してるので流石に相方も
運転が不安になってきた。
ここでチェンジします…
私も眠いが頑張り、無事皆様送り到着ww
お疲れさまでした~~









日光白根山 2.578M

栃木県と群馬県との県境
日光火山群に属する溶岩円頂丘(石英安山岩)
関東最高峰

ちょっと連休が続いたのと晴れ続き、
お花畑も見たいので。
トレーラを出してのんびり車中泊を楽しみながら向かう
白根近くの道の駅で車中泊、深夜割引使いたいので
4時までに高速道路利用し、ロープウェイ駐車場
そこで少し仮眠
ロープウェイ8時なのでのんびりです。この駐車場も
広くて快適ですね。
白根ロープウェイを8時過ぎ、チケット売り場に
温泉もあり、セットなら少し割引とか、、
早めの帰宅が良いのでここで入ってサクッと帰る事にする。
本日中学生の予約があるとかで、15時までには入りたいww
ロープウェイ降りると高山植物が沢山!
こちらで育てているようです。
写真は下山に~~
9時登山口スタートししっとりとした樹林帯を歩きます。
IMG_1945


IMG_2022

お地蔵さんにもご挨拶
IMG_1957

こちら苔も多く溶岩系とは思えない雰囲気です。

IMG_2032

カップルやご夫婦が多い雰囲気、、
登山道の脇にはバイカオウレンにイワカガミが沢山さいています
しっかりお花畑です(´▽`)
それでも、、
一時間程度歩くとやはり岩が多くなってくるなぁ~~
と花と樹林帯を抜けると青空!
IMG_1981

岩と青い空が見えてきた。
IMG_1981

やはりこれですね。ガスのお山も素敵ですが
やっぱり青空やね!
っとザレ場を登っていくと分岐?
IMG_1975

そこからしっかり周りの山が顔を見せます
梅雨の晴れ間だやっほ~~~
二時間ほそ歩いて山頂です(^^♪
IMG_1992

山頂も狭くてちょっと危ないのでサクッと撮影すると
少し下った場所でお昼ご飯
今日はラーメンです
IMG_2000_高品質

周りは中学生が休憩してる。ゲッソリしてる学生が多いなぁ。
そういえば登り始めの30分くらいのところでバテてチョコ食べてた
彼女は登れたのかしら?
ラーメン食べると即下山、、、
早く入らないと学生に襲撃されるんです。
13時下山
IMG_2075

下山のお礼にお参りしまして
IMG_2103


しかし駅のお花畑で写真撮るものだから結局14時くらいになってしまった。

IMG_2107

IMG_2132

IMG_2130

IMG_2132

お風呂入りましてスッキリ~~
こちら女性、初心者っぽい方やご夫婦向けの
素敵なお山だったんですね。
花を楽しんだり新緑を楽しんだりとほのぼのでした~~
冬のスノーシューが楽しいとかあったので
次回は雪山かな~~




苗場山 2.145M

三国山脈 上信越高原国立公園内にある山
頂上部は多くの池塘を光らせた4km四方に及ぶ
高層湿原を展開

6月はお花が楽しめる苗場山へ~
新潟南部まで6時間弱
一般道使いながらかぐらスキー場へ

IMG_1570

スキー場へ入る際ゲートを空けてもらうのですが
ここでおじさんに入山届を渡します。
かぐらスキー場へ駐車し
和田小屋まで舗装された道路を30分程歩きます。
和田小屋からスキー場の端っこを歩き登山口
木道を少し歩き静かな樹林帯。

IMG_1592


周りにはマイヅルソウだとかゴゼンタチバナとかが見える
いきなりお花も沢山で前に進みません。

IMG_1587

今日こそサンカヨウが見たい!
と思いながらキョロキョロするも
見付からないなぁ。と六合目下ノ芝で少し休憩、、

チングルマが結構咲いていた。周りを見ると穂になりそうなチングルマもある。
今年は早いなぁ~て止まると小さな虫の大群!
しまった。やっぱりフェイスマスクとか虫よけネットとか持ってくればよかった。
特に今日は全く準備していないので
止まる度に虫に襲われる
じっとしてると小さな虫に噛まれちゃって痛いので
先を急ぎます
上ノ芝を過ぎると結構お花が沢山!

IMG_1681

イワイチョウ、チングルマ、ゴゼンタチバナに
イワカガミ、ワタスゲ~~
最高のお天気にテンション上がりっぱなしです。

IMG_1651



IMG_1765

IMG_1714

IMG_1775

IMG_1759


IMG_1899

こちらもしっかり確認し、、

写真ばかりなのでほんと前に進まなくって、、、
IMG_1908
股スリも登りまして(#^.^#)
やっと小松原湿原分岐まで来ました。
小松原へは結構時間が掛かるみたいなので次回改めて。
かなり奇麗な湿原で避難小屋もあるとか、、
草紅葉の頃に避難小屋泊まってまったりしたい!
そこから少し登りが続きます。
最近ゆるい感じの山ばかりだったので
ちょっとの急登が応えるなぁ。
山頂の湿原は最高に奇麗だと聞いていたので
急登を抜けた時、
わぁぁぁぁ~~ってww

IMG_1852

めっちゃ素敵~~

IMG_1805

IMG_1806
ちらっと水芭蕉もみえました。
苗場山山頂ヒュッテでトイレ拝借
バッチも購入しまして(#^.^#)
持ってきたお湯で最近はやりのぶっかけ飯?
カップ麺のスープにご飯が入ってるんです。
何でもあるなぁ。と

IMG_1819

これは結構おいしかった!
少し風も出てきたけど少し周回して下山ルートへ
山頂周りはまだちらっと雪が残っていました。
青空の展望に越後三山がぐるっと見渡せる~~
絶景~~~
雪を少し踏みながら名残惜しいが下山開始、、

IMG_1832

ちらっと写真も撮りながら。

IMG_1724

岩ゴロゴロのルートなのでちょっと気にしながら歩き
見納めだと言いながらお花畑で一休み、やっぱり
初夏の花畑は最高に奇麗(^^♪

IMG_1631

ずっと下りながら目当てのサンカヨウを探すもありません
SNSの投稿にはサンカヨウの写真あったのにね。
登山口近くなると樹林帯の端っこにサンカヨウ発見!!
あぁ、あそこに下りる事は結構危ないし無理。
残念だなぁ~
登山口到着!!
最高のお天気を味方にしっかりお花畑を楽しんだ。
スキー場の端っこを歩いてると、、んん??
あれは、、もしかのサンカヨウ!!

IMG_1917

見つけましたよ。ちょっと入っても大丈夫かじっくり確認
とりあえず数枚撮影ww
濡れていると透明になってめちゃ可愛いんですが
今日は無風の快晴なので透明は諦めよう~~
和田小屋まで戻り元の舗装を通り抜け駐車場到着
なかなか花の名前も覚えられないのです。
でも、ホント沢山のお花が見頃だったので
新緑とお花をしっかり楽しむことができました。

IMG_1924

次回の楽しみが出来た。
小松原湿原で泊まって草紅葉撮影です。
来年のお花畑は平標山のお花が見たいね~
冬も素敵な苗場山





トレーラー納車・HOBBY495UL

4月28日、買って4ヶ月でトレが廃車となる事故が起きた。

車側の連結器破断だ。とにかく怪我人が無いことにホッとした。

トーザイアテオさんは当初、そんな事故は聞いたことがない。

と詳細を知り今後の参考にさせて欲しいとのことだった。

そこから、アテオさんとのお付き合いが始まる。

最初のトレーラーは中古のPORTO6だった。古くて使うには大変な

所もあったが40日間北海道を楽しんだ想い出のトレ

19399175_1392454497528709_1575206769092656070_n
 

少し落ち着いたところで大型化したい気持ちでAVIVA482LHとの出会い

価格的にも。ってことでこちらを新車で購入した。

DaogyLoU0AAyx4C.jpg-large

が、、こちらが4月連結器から離れブレーキが効かない状態で反対車線へ

 

ポルトへ乗り出してトレのことを少しずつ知ることになった。

その時からHOBBYは憧れだった。

しかし価格が、、手が出ないなぁ。なんて思っていたのです。

事故からアテオさんと交流が持て、信頼できるディーラーさんだと

思いこれならHOBBYを検討することもありだと。

まぁ揉めたりなんだかんだあり。

そしてHOBBY495ULを牽くことに決定!

購入が決まってもあまり嬉しいという気持ちもなく。。

14日の納車を迎えた。

IMG_1518
 

ヘッドに連結されたHOBBYはかなりカッコいい!

やっぱり頑張ってよかったかーーー

初めて喜んだ感じww

で、、山形へ行く予定で急いで荷物搬入したのですが

敢え無くキャンセルになり。

ま、伊豆でも行きますか?と西伊豆〜田代運動公園と

トレライフ満喫中( ´ ▽ ` )

IMG_1563.$TEMP$
 

 

なかなか装備もインテリアもしっかりしてる!

今回はエアコンも付いてるし冷蔵庫もでっかいぞー

どこかでスライドの際は手を振ってくださーーい٩( 'ω' )و

会津駒ヶ岳 2,133M

福島県南会津郡桧枝岐村にある日本百名山の一つ

 

ずっと登りたかった山の一つなのと

駒の小屋がとても可愛らしい小屋だって聞いてたので

Tシャツがどうしても欲しかった〜

 

4人パーティで福島まで5時間くらいかな

3時に出発します。

途中休憩入れ佐野SAで毎度の朝佐野ラーメン🍜

麺がちょっと冷麺ちっくなんです。私はさほど好きではないが

スープはさっぱりめ。

 

海老名ICでから西那須野塩原まで3時間ww

ここからが長いんです。

会津駒ヶ岳滝沢登山口まで高速降りてから2時間くらい…

ドライバーさんお疲れ様です。

 

8時30分 滝沢登山口 晴れ!

IMG_1445
 

地図には序盤急登が続くとありましたがちょっと続いた。

それほど急登とは思わないかなぁ。程度の登りです

今回は新しいレンズ持って来たんですがレンズが重くて

とりあえず相方のザックに、、

湿度が高いせいか、登りが続くので汗がダラダラと

しんど〜〜、でも見上げると新緑がめちゃんこ綺麗だ

IMG_0248
 

お花もちょこちょこ咲いているとあったけどここには

まだヤシオが咲いていた。関東は夏、こちらは夏を迎える準備?

IMG_1460


IMG_1451

IMG_1455

 

ってな感じです。

山を登っているといろんな土地を訪れることが増えた。

残雪期だったり春だったり夏だったり・・

数日でいろんな四季を楽しめると言っても良いかもしれません

 

10時20分 水場まで来ました。そろそろ長い登りも終わりでしょうね。

IMG_1454
 

新緑とお花を楽しんだ後は残雪がちらほら、、

IMG_1462
 

木道の上は少し氷が張ったような感じもあり滑る。

2時間ほど歩き樹林帯を少し抜けたかな。と思う頃には

しっかり雪がありアイゼン付けるかどうか迷いながら

進む。結構ガスってくると流石に雪もたくさん残ってるから

寒い〜〜〜けどガスって白い樹林は大好きです。

2018.69会津駒ケ岳_180609_0008

IMG_1462
 

雰囲気最高ですよ。

きれいだね〜なんておしゃべりしながら休憩してパン食べたり

写真撮ったりと雪にはしゃぐww

ガスで真っ白になるとルート迷いにあうため黄色いロープが

小屋まで貼ってある、それを目印に歩いてうっすら小屋を発見する

IMG_1476
 

小屋から山頂まで20分くらいですが先に山頂にタッチしてランチとします。

ここからちょっと厳しめなのでアイゼン使うことに。凍ってるところが

尻もちつくとイテテテ・・なのでね。

12時00分 山頂タッチ!!

IMG_1489

2018.69会津駒ケ岳_180609_0004

ガスでまっちろですがww

念願のあいこま💕

結構真っ白だったのでルートわかりにくくてGPSで確認した

雪渓のガスは最も怖い。ホワイトアウトになったら身動き取れない

慎重にね。
IMG_1492
 

 

小屋まで下りてまずは小屋で買い物〜〜

IMG_1494
 

今回はTシャツが目当てそして手ぬぐいです。あ、後バッヂね


IMG_2138


わちゃわちゃと大人買いしたらランチ

お試しの分離式バーナーを使ったらやっぱ分離がいいね。

今流行りのカレーメシ?私には濃厚すぎました。


IMG_2088


先が長いのであまりゆっくりもしてられなくささっと下山します

 IMG_1496

IMG_1467

やはり半分以上下りてくると暑い、、

新緑とお花と雪をしっかり楽しんで無事滝沢登山口

15時20分下山

帰り道にあった最近できたよとの温泉は窓明の湯で汗流し〜

東北の温泉は本当に気持ちいい〜〜〜

ここからまた5時間かけて帰ります。

東北のお山はやんわりとしたお山って印象です。

アルプスのようなガツンとしたイケメンではなく

なだらかな女性のような山?のような気がするんです

IMG_1467
 

 

次は真っ赤に燃える紅葉が見たい!

秋にくるね。とお別れして来ました(*^_^*)

ギャラリー
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M
  • 焼岳・2.455M