Yamajoのblog

やまが好きーーな日々&カメラ好きーーな日々

2017年10月

丹沢鍋割山・1.272M

丹沢大山国定公園に含まれ、丹沢山地の南部に聳える標高1,273mの山である。
神奈川県の中西部に位置する丹沢山系への登山口の町である
松田町、足柄上郡に属し町域の大半を丹沢山地が占める山北町の市町村境に位置する。
 

夜明けに自宅を出ると一時間程で鍋割山、県民の森駐車場
6時30分 駐車場よりとぼとぼ林道を歩きます。
 二つゲートを横切り一つ目の沢を渡ります。そこを少し歩くと登山道
二股から鍋割山方面へ

src_38128138

ヒルが沢山いるらしく塩が置かれていた。
ここから登山道?かな。

青森依頼登って無いので少し脚が重い。そして久しぶりのお天気!
汗もしっかり出ます。体の汚れが落ちていく感じ…

src_38128197

ここは水が少ない山という事でボランティア歩荷募集ww
膝がイマイチなので歩荷は勘弁願いました。
途中鍋割山荘の主人が歩荷して上がってきます。
少し離れて追い越そうとする相方に持っていた木を振り回す感じで
そっちを歩け!!とか理不尽な物言いを!!
あれは人として許せない行為です。
しかも山を守るって、鍋割山荘の主人はかなり有名とか。
水を持たないお客にはあの態度か。とがっかりしたので
うどんは食べません。
そんなこんなでも(#^^#)

本当にいい天気です。ずっと雨で、台風でした。
本日富士山も白く冠雪したと記事にあった通り

IMG_6418

とてもきれいな顔をみせてくれました。
9時20分山頂到着です。

IMG_6413


src_38128225


IMG_6431


本当にきれいな富士山が見れた事に感謝☆
手軽なハイキングって感じで登れる山でした。
山の麓はもう少し紅葉してなかったです。

IMG_6453








フォロワーさんな一日

少し前に山へ行こうと約束したフォロワーさんと
13日に苗場山へ行く予定にしていた。が、、
ずっと雨。なので相方にトレーラーを出してもらい
田代運動公園でトレーラー遊びをすることになった。
12日の夕方に本厚木駅で待ち合わせて
お土産のきりたんぽ鍋を食べる。

と、、その昼間に別のフォロワーさんが来ることになった。
おが炭だ。昼に相模湖駅に迎えに行き田代でまったり。
田代へ着く前にオギノパンの揚げパンを是非!

IMG_5849 2

と揚げたてを食べてもらう。なかなか旨いww
田代へ着き結構腹減りなので更に混ぜるだけスパゲッティ~
その後は山のお話から写真の撮り方と。。

17時に本厚木で待ち合わせなのでおが炭を送り
ちゃこちゃんを拾って再度田代運動公園へ

ささっと相方が焚火の準備をする。
せっかくなので少し花火をしながらビールで乾杯

きりたんぽは中で食べる予定でしたが
雨も降らないので外で鍋~~
結構焚火を見ながらの鍋もいけるん♬
と、やっぱり雨で中へ移動。。
山の話からいろいろ、、沢山話をしました。
初フォロワーさんと対面楽しい夜です。
トレーラーもそんなに遠慮することなく過ごしてもらえた。

3時前からちゃこちゃんは眠れない様子で私も目が覚める。
やはり落ち着かないよね。慣れないし。
朝食を残りの鍋でうどん。サクッと食べたら予定の草津温泉へ
長い道のり運転して、、
草津近くまで来るととりあえずお腹すいた~~

IMG_4250 2

道の駅でのとろろ蕎麦
やっと草津温泉まで来たけど歩くのがしんどいほどの雨…
しかたないので温泉だけで帰ることに…
せっかくの休みをゴメンナサイ。
大滝の湯で結構な気持ちよさの温泉に浸かり

ちちやまんじゅうをこうて~~

帰路へ、、
ちゃこちゃんずっと車で寝てた。
うちの相方が結構変わってるから笑ってくれてたけど
今度会ってくれるかなぁ。。なんて少し心配した。
そして温泉だけになったけど楽しかったと言って
駅から手を振って帰って行った。
今度は山へ行こう!とメールくれたから大丈夫かな!!





トレーラー東北・八甲田山 1.584M

青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山の一つ
「八甲田山」と名がついた単独峰は存在せず18の成層火山や
溶岩円頂丘で構成される火山群である。 青森県のほぼ中央に位置
約20km南には十和田湖が位置する。東北地方の脊梁奥羽山脈の北端である。

7時30分 登山口

IMG_6207

天気曇り。すっきりしない天気の中酸ヶ湯温泉のもう少し上の登山口から歩く。
結構な登山客です。紅葉真っ盛り、、
数日続いている登山で膝があまり思わしくないが緩やかなコースなのでのんびり
数日前の雨と雪で登山道もゆるく靴はドロドロ…
本当に優しいルートです。酸ヶ湯あたりの紅葉は赤と黄色のコントラスでした

22218306_1486672111440280_6510154289888729886_o

少し傾斜のある道をのんびり歩くと抜かるんだ道が終わり登り始めます。
一時間歩き振り返ると素晴しい紅葉です。八甲田も顔を覗かせていますが
どうも雪をかぶっている。やっぱり昨日雪が降った様子。どれくらいあるのか不明
アイゼンも無いので遅めのスタートでした。今回は緩い雪と予想されるので歩き始めた。
一昨日の鳥海山で降ったのだから東北の山も初冠雪が多いはずだね。
 
9時08分 千人岱

IMG_6229


男性が一人休憩されていた。
水場で水がかなり美味しいとの話は見てのお楽しみです。←飲んでません。
ここから一時間も歩かないくらいで山頂ですから手ごろな百名山です。
歩き、振り向くたびに素晴しい紅葉にまた、前に進まない…
本当に奇麗です!!今まで見たことの無いような秋の山にただただ感動…
9時47分 やっと山頂直下の池まで来ました

IMG_6279

雲が抜けず景色は真っ白ですが
女性がのんびり楽しむには最適なお山です。
今までのんびりでしたがさすがにここからはちょっとロックガーデンもあったりと、
急登まではいかないのぼりが続きます。少しぜいぜい息を吐きながら
ぐっと上ると山頂が見えました!!あとちょっとだな。と5分ほど岩を登りww
ここからは雪も増え暑さで緩くなった雪が少し足を滑らせる。
あぶないなー
でも少し雪を被った山頂付近は涼しくて山がきれいになる!!
後は青空だったらなぁ…と悔やまれる

9時57分 八甲田山山頂

IMG_6248

やっと青空がちらっと!!
景色もいい!!岩木山もきれいに見えたりして~~
下山開始ですが北側のコースを通って酸ヶ湯へ降りたかったんですが距離もあるって…
少しぐらいいいんですが何せ膝が痛くて。
で、同じコースを下山することに。
下山始めるころにはツアー登山客やらでどんどん登ってきます。さすがピークの八甲田
下山も少し撮影しながら♬とにかく雨が降らなくて良かった。
と下りながら見る紅葉も素晴らしい!
12時43分 下山・酸ヶ湯温泉登山口へ
駐車場へ向かうもすごい人!!
平日の八甲田周辺すご!!
明日あたりから天気が崩れるので今日は採集に近い見ごろだったとか。
晴れてないから、とか言うとばち当たる。。。

駐車場内で昼食を済ませる。
少しドライブ~
奥入瀬渓流を通って帰りますがさすが有名な渓流。
水が近くてとてもきれいな色。車を泊められなくて走っているのを見るだけね。
でも、本当に素敵な滝だった。写真が撮れなくてものすごーーーく
後ろ髪惹かれる重いで帰路に??
西十和田湖へ立ち寄り。静かな湖

IMG_6308

明日は雨予報なので移動です。
飯温泉もあるってことで目指す蔵王付近までレッツゴー!!



トレーラー東北・岩木山 1.625M

岩木山 1.625M

青森県弘前市および西津軽郡鯵ヶ沢町に位置する活火山

日本百名山および新日本百名山に選定されている

 

岩木山麓の道路端から雨がぱらついてどうしようかと悩む朝。

広い駐車スペースがあるので早朝から車庫入れの練習…

車のバッテリーがなんだとか、、遠出しているのもあるので

とりあえず青森市内のヤナセへ行く。

小さい方のバッテリーが交換時期とか、、今すぐどうって

事はない様子なので何もせずヤナセを後にし岩木山へ向かう。

 

岩木スカイラインを通り8合目駐車場まで行きます。

スカイラインは1800円でJAFを提示すると200円割引

8合目のリフトを使い(大人600円)9合目まで

IMG_6190

1230分 登山口、リフトを降りて山頂へ向かいます

そこから見ても白い山頂が良く分かる。

昨日初冠雪をしたとニュースで流れていた。

そこから山頂まで1時間も掛からないほどで登れるというので

来たのですがわりとロックガーデンチックだ。

雪もあったりで靴もアプローチシューズだし滑るとやばい。

明日八甲田山へ行く予定だし途中で膝が心配になり

止めようかと思うが、すぐそこだから。という言葉に仕方ないなぁ。

40分もすれば山頂だしね。

1312分山頂到着

22254791_1487331534707671_3710415862295824432_o

寒い!!さすが初冠雪しただけあって風が冷たい。

少し山頂でお参りを済ませ下山します。

雪もあってなので気を使います。

先日の五竜岳から一日空いただけなのでちょっと膝が…

サクッと下山します。リフトで8合目まで、、

山頂は青空で海が綺麗に見えました。

 

さて、明日の八甲田山に備え酸ヶ湯温泉まで走ります

さすが!酸ヶ湯温泉までの道は素晴らしい紅葉です!!

今日、明日が最終でしょう。

あの、有名な酸ヶ湯温泉へ来ました。悩みながらもフロントで

尋ねるとやっぱり女性は少ないとか。。。覗くだけでも。

と脱衣所へ〜

お風呂場を覗くとおっさんたちが入ってて、、これ無理。。。

湯浴みとやらがあって。お姉さんコレ着て入ったら!?

と…せっかくだしお湯は最高だしおすすめだよ!!

とのお言葉に湯浴みを着て入ることに。

階段を降りるまでチラッとおっさん達に見えるがほんの少しだ。

簾で隠してあってお風呂も少し見えないようになっている。

そこでゆっくり酸ヶ湯温泉を楽しむ。酸っぱいと聞いていたが

確かに酸っぱい!!でも湯質は最高だ!!

すっごい気持ちいい!!是非体験してもらいたいな

IMG_2119


次来たらやっぱり入るかも
(^ ^)

たっぷり二階の温泉も楽しみたいな。

東北・・いいわぁ

トレーラー東北・鳥海山 2.236M

鳥海山 2.236M 

山形県と秋田県に跨がる標高2.236の活火山。

山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、

出羽富士とも呼ばれ親しまれている。

古くからの名では鳥見山という。

鳥海国定公園に属する日本百名山・日本百景の一つ。

 

6時45分登山口

駐車場には車が1台ほど、登山客は居そうにない。

曇り、、なんだか雨が降りそうなそんな少し寒い感じのスタート

IMG_6065

 

石段を少し上ると展望台がある。おじさんが1人展望台に

IMG_6077
 

展望台を過ぎると紅葉のトンネルのような赤々とした石畳を歩く

IMG_6074
 

綺麗だ!それしか言葉が出ない。雲に覆われて光が差さないから

カメラで撮る紅葉が映えない。

少し見晴らしも良くなると周りの山が顔を出す。山裾の紅葉具合は見頃

8時00分 賽の河原まできた。

22180014_1486672254773599_4706635194734150895_o
 

この頃雲が切れそうな!青空もチラッと見えた。

キターーーーーー!青空だ!と大騒ぎ

22254859_1486672191440272_8646114315619916820_o
 

河原辺りの草紅葉はキラキラ光る、

今までこれほど綺麗な草紅葉を見たことない。と言っても良いくらい

素晴らしい紅葉。これが天気なら。と悔やまれる…

830分 御浜小屋

22179809_1486672318106926_3190006051400571002_o
 

少し雲行きが怪しくなった。昨日の雨で山頂あたりは雪も降ったろう。

小屋脇を通り鳥海湖を眺めながら歩く

小屋を過ぎると草には霧氷が付き始め少し雪が見えた。

22135299_1486672348106923_7416122494295157046_o
 

やっぱ昨日は雪が降ったんだなぁ。

草紅葉にうっすら付いている霧氷は本当に綺麗だった。

と、、雪がチラチラ。 

あらぁ〜…と少し様子を見ながら歩くと雪も止んでもう少し進む

ここで半分くらいかな。と中腹の稜線を歩くと両方の草紅葉が素晴らしい!

22181317_1486672264773598_6691416132563240032_o
 

雲が抜けたかなーと思うと分厚い雲が襲ってくるの繰り返しで

雪も降ったり止んだりで迷わせる。登ろうかな。引き返そうかなと。

850分 御田ヶ原 ここら辺りからちょっと寒さも感じるようになり

ニット帽をかぶる。

IMG_6145

22218460_1486673684773456_4004549389175311977_o
 

どうしようか…と迷いながらも少し足がを進めながら

草に付いた霧氷の景色が綺麗だとファインダーを覗く。。

が、、ちょっと吹雪くような冷たい雪と強い風

普通の雨具しかないしグローブも雨具ようだしこれ以上寒くなると

まずい…ちょっとかっこいい鳥海山の半分を過ぎたあたりで敗退

あぁ。と何度かため息。折り返すと吹雪く霙が顔に当たる

痛いし冷たいしバラクラバ持って着てないので下まで辛抱だ。

賽の河原を過ぎたら雨に変わったが結構降り出した。

1人男性が小屋あたりで登ろうとしていたが見るからに

やり手登山者には見えなかったのでやめたほうがいいと忠告すると

戻って来た。正解だ。展望台近くまでで登って行った男性3人は

やり手に見えたので小屋の関係者かな?と挨拶ですました。

その次は若い女性とおばあさんの2人組み。女性は外国人だった。

ザックも小さく小屋までなのか?不明だった。不思議なペアだなぁ

と思いながら見過ごし、、展望台まで来ると中年を過ぎた感じの

デニムを履いたかなり怪しいおじいさん。登ろうとしているので

これも帰りましょうかーなんて言っておいた。

数人のグループもやって来た。中腹まで行くだけです。と

このガスと雨でも上がって来る人が居るってなぁ。

遭難者が減らないのもなんとなく解る。天候の不安な時は中止ですよ

 

雨に濡れ冷たいながらもなんとか下山

1050分 かなり悔やまれる。紅葉も最高でしたが国定公園とされる

鳥海山には登っておきたかった。来年絶対に東北へ〜〜
遅めのランチを秋田の道の駅で、、海鮮丼を食す


IMG_5614 2

明日の岩木山付近のお休み処まで移動
道路端で今夜は休みます。

ギャラリー
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場
  • 立山・雷鳥沢キャンプ場